きょうの動意株

アイケイコーポは東証2部重複上場も3日ぶり反落

3377 バイク王&カンパニー 株価チャート

 アイケイコーポレーション(3377・東2、JQ)は、2万8000円安の54万8000円と3営業日ぶりに反落している。この日から東証2部とジャスダック市場との重複上場となったが、公募増資・株式売り出しの払い込みが前週末に終了しており、再び公募価格54万9990円を試す展開となっている。同社は、7月28日に東証2部上場を承認されたが、同時に合計2508株にのぼる公募増資・株式売り出しも発表、株価は65万円高値から52万2000円安値まで調整し需給悪化・希薄化懸念を織り込む展開となった。業績は好調に推移している。あと数日残す今2006年8月期業績は、期中に2回も上方修正されて連続の過去最高純益更新となり初配当も実施する。中古バイク買い取りの店舗展開を積極的に進め、仕入台数、販売台数とも増加し最高利益につながっている。株価は、1対4の株式分割権利落ち後、下値を切り上げる展開になっており、公募価格をバネに好実態評価場面到来も予想される。

記事中の会社を詳しく見る

バイク王C (3377)

ページトップ