きょうの動意株

パイロットは上方修正通りの中間大幅増益を買い続伸

7846 パイロットコーポレーション 株価チャート

 パイロットコーポレーション(7846)は前場、3万3000円高の64万2000円と続伸し、1月17日につけた年初来高値65万円に急接近した。18日に発表した2006年6月中間期連結業績が、8月4日の上方修正通りに大幅増益で着地し、12月通期業績も2期ぶりに過去最高純利益に肉薄することが買い評価につながっている。同社は、4日に中間期業績と通期経常利益を上方修正しており、中間期業績は修正通りに前年同期比7.9%増収、84.5%経常増益、49.3%純益増益で着地した。国内は伸び悩んだが、海外は14%増収とけん引、米州地域でのゲルインキボールペン「G2」の販売増、製造コストの低減などが利益押し上げ要因となった。純利益は、遊休地などの減損処理損失を吸収し増益となった。通期業績は4日の修正値を据え置き、純利益は12億円(前期比20%増)と過去最高(12億1200万円)にあと1200万円と迫る。株価は、PERは割高だが、外資系筆頭株主の買い増しなどを手掛かりに持ち前の逆行高習性を発揮しており、上ヒゲでつけた年初来高値抜けから思惑増幅となりそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

パイロトC (7846)

ページトップ