きょうの動意株

ローヤル電は固定資産売却でMM人気再燃し続急伸

 ローヤル電機(6593・JQ)は、225円高の2850円まで買われる続急伸となっている。前日に固定資産売却を発表、来2008年3月期業績に売却益10億5000万円が上乗せとなることを先取りしマーケットメーク(MM)銘柄人気が再燃している。売却物件は、東京都中央区銀座の土地135.64平方メートルと地下1階・地上7階建ての建物で、賃貸事業を行うために32億4000万円で取得したが、土地価格の高騰、費用対効果、収益貢献時期などを総合的に判断し、リプロ(東京都港区)に45億1400万円で売却する。不動産売買仲介手数料などの必要経費を差し引いた売却益は約10億5000万円と見込んでいるが、物件引き渡しは来年4月30日の予定のため、収益計上は来期となる。同社は、小野グループ傘下で経営再建を進め、三洋電機クレジットと提携を強めた企業再生・再編のアドバイザリー業務の寄与で業績は急回復している。8月13日には大幅増益となった今3月期第1四半期決算を発表、年初来安値水準から急反発している。思惑はさらに増幅しよう。

ページトップ