きょうの動意株

ハマイは6期ぶり最高純益へ業績再増額も反応なく小反落

6497 ハマイ 株価チャート

 ハマイ(6497・JQ)は、9円安の1330円と小幅反落している。前日の2006年6月中間期業績の発表に合わせて、今度は12月通期予想業績を上方修正したが、品薄・値付き難が継続していることから反応は限定的となっている。同社は、8月10日に中間期業績を上方修正しており、中間期業績は、修正通りに前期比16%増収、9%経常増益、13%純益増益で着地し、経常利益は期初の減益予想が増益転換した。LPG容器用バルブの堅調な需要、配管用バルブ、高圧ガスバルブなどの復調、さらに黄銅材の価格高騰による黄銅削り粉の販売単価値上がりが重なり増収増益となった。この要因が下期も継続するため今度は通期業績を上方修正した。売り上げは、期初予想を11億円、経常利益は1億100万円、純利益は1400万円それぞれ上回り、純利益は7億6000万円(前期比5%増)と6期ぶりに過去最高を更新する。株価は、8月10日修正時も70円高の反応を示しており、安値はPER12倍台の割安修正を期待し有望となりそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

ハマイ (6497)

ページトップ