きょうの動意株

SUNXは株式分割を追撃材料に買い気配引き上げる

 SUNX(6860)は、買い気配から始まり280円高の2835円買い気配と変わらずを挟み6営業日ぶりに急反発している。前日に発表した株式分割に対する権利取りの買い物が集まっているもので、7月21日の今3月期第1四半期(1Q)決算開示時の9月中間期・3月通期予想業績の上方修正も見直されている。株式分割は、投資しやすい環境を整えるため株式流動性の向上、投資家層の拡大を図ることを目的に実施するもので、9月30日割り当てで1対2に分割、効力発生日は10月1日となる。一方、同社の今期業績は7月に上方修正され、通期売り上げは期初予想を5億円、経常利益は1億7000万円、純利益は3000万円それぞれアップさせ、純利益は25億3000万円(前期比16%増)と連続の過去最高更新となる。株価は、7月の業績修正時に200円高し2500円台固め継続となっているが、PERは19倍台と割安なだけに、株式分割の権利取りと相乗し上値余地を拡大する。

ページトップ