きょうの動意株

神奈交は業績増額も減益率縮小にとどまり小幅続伸

9081 神奈川中央交通 株価チャート

 神奈川中央交通(9081)は、2円高の533円と小幅続伸したあともみ合いとなっている。前日に今9月中間期・3月通期予想業績の上方修正を発表したが、減益率縮小にとどまっており反応も限定的となっている。上方修正のうち通期業績は、売り上げが期初予想を14億円、経常利益が7億7000万円、純利益が1億9000万円それぞれ上回り、純利益は21億2000万円(前期比39%減)と減益率を縮小する。燃料価格アップが業績を圧迫しているが、一般旅客自動車運送事業の利用客数増加、人件費などの減少、連結子会社の商用車の販売台数拡大などが業績を押し上げた。同社は、前期も昨年9月に今回と同様の業績修正を行ったが、株価はわずか40円の反応となっただけで、人気化したのは年末の含み資産相場が波及してからである。今回の修正の影響度が注目されるところで、PERは15倍台、信用取組も薄めながら拮抗する好需給となっていることなどが、昨年を上回る感応度につながるかポイントになる。

記事中の会社を詳しく見る

神奈中交 (9081)

ページトップ