きょうの動意株

JQ上場のJACは公開価格割れの2万1400円で初値

2124 JAC Recruitment 株価チャート

 ジェイエイシージャパン(JACJapan、2124・JQ)が、ジャシダック証券取引所に新規上場された。公開価格は2万2000円、公開株式数は12万2000株となっている。寄り付きの売り気配から9時14分に公開価格を600円、2%下回る2万1400円で初値をつけ、その後2万600円まで売られ公開価格近辺でもみ合いとなっている。初値の公開価格割れは、今月2社目で15日の協和医科器械(3052・JQ)に次ぐ。IPO(新規株式公開)市場は、初値後に大株主やベンチャーキャピタルの株式売り出しで波乱となる新規上場株が続き資金回転が鈍くなっており、同社のロックアップ条項付き、「団塊の世代」の大量退職の追い風を受ける時流性のある業態も評価されるまでに至っていない。同社は、正社員として転職先を探す求職者を紹介する有料職業紹介事業と、派遣社員として就職先を探す求職者を派遣する一般労働者派遣事業を経営の2本柱としている。職業紹介事業では、求職登録者の希望と企業の求人条件を照合、「登録者第一主義」で紹介、機械、電機、化学業界向けの実績が高い。今2006年12月期業績は、売り上げ74億9500万円(前期比28%増)、経常利益11億2500万円(同89%増)、純利益5億6000万円(同70%増)、1株利益895.4円を予想している。

記事中の会社を詳しく見る

JACリク (2124)

ページトップ