きょうの動意株

ユニーは単独業績増額も年初安値から小反発にとどまる

 ユニー(8270)は、8円高の1584円と変わらずを挟み5営業日ぶりに小反発し前日ザラ場につけた年初来安値1552円からの出直りを探っている。前日に2006年8月中間期・2月通期の単独業績の上方修正を発表したが、減益率縮小にとどまり連結業績はまだ集計中としていることから底値買いも限定的となっている。上方修正のうち2月通期業績は、中間期業績の上方修正分に下期予想を合算して新しい予想数値とした。営業収益は期初予想を71億円、経常利益は2億円、純利益は5億円それぞれ上回り、純利益は65億円(前年同期比7%減)と減益率を縮小した。既存店売り上げが前年同期比99.6%と期初予想を2.1%上回り、荒利益率の0.3%の計画比減や販管費の増加をカバーして上方修正につながった。連結業績については現在集計中としている。株価は、第1四半期の好決算を好感していったんは反発の動きをみせたものの、子会社の苦戦に5月高値の期日売りも重なり再度の下値調べとなっていた。勢いをつけた戻り相場挑戦は連結決算待ちとなりそうだ。

ページトップ