きょうの動意株

UEXは2回目の上方修正で超割安株買い再燃し急反発

9888 UEX 株価チャート

 UEX(9888・JQ)は、89円高の1420円と3日ぶりに急反発しジャシダック市場の上昇率順位の第4位にランクインしている。前日に今年8月に続き2006年9月中間期・3月通期業績の2回目の上方修正を発表、再び超割安株が高まっている。同社は、8月に同業態の西鋼の子会社化による業績上乗せなども要因に上方修正したが、今回は西鋼の子会社化の合意解消による業績下ぶれも吸収して再上方修正に進んだ。ステンレス専門商社として、原材料のニッケル価格が記録的な高値で推移し、価格改定交渉により販売価格への転嫁が進捗、取扱数量も増加したことが要因となった。上方修正のうち通期業績は、売り上げが期初予想を14億円下回るが、経常利益は4億円、純利益は5000万円上回り、純利益は12億5000万円(前期比43%増)と2期ぶりの過去最高更新の更新幅を拡大する。株価は、前回の修正時に連続ストップ高を交え8割高の急騰を演じた。PERは6倍台と超割安となるだけに急騰相場再現が有力視される。

記事中の会社を詳しく見る

UEX (9888)

ページトップ