きょうの動意株

OKKは減益率縮小の業績上方修正を手掛かりに急反発

6205 OKK 株価チャート

 OKK(大阪機工、6205)は、22円高の392円と4日ぶりに急反発し10月12日につけた年初来安値338円からの出直りを鮮明化している。10時3分現在の東証1部値上がり率ランキングでは第5位の高人気となっている。前日に2006年9月中間期・3月通期業績の上方修正を発表、期初の減益率が縮小することを引き金として割安株買いが再燃している。上方修正のうち通期業績は、売り上げが期初予想を3億円、経常利益が5億円、純利益が3億円それぞれ上回り、純利益は27億円(前期比6%減)と減益率を縮小する。主力の工作機械が国内、海外とも堅調に推移し生産効率向上や円安効果などによる販売価格改善も上乗せとなり上方修正につながった。株価は、4月高値の期日売りで300円台下位でダメ押しとなっており、今回の業績増額でPERは10倍台と一段と割安となる。底上げに弾みをつけよう。

記事中の会社を詳しく見る

OKK (6205)

ページトップ