きょうの動意株

松田産は2回目の業績増額で割安株買い再燃し大幅に反発

7456 松田産業 株価チャート

 松田産業(7456)は、280円高の2430円と大幅に反発している。前日に8月11日に続いて2回目の2006年9月中間期・3月通期業績の上方修正を発表、貴金属リサイクル関連の割安株買いが再燃している。上方修正のうち通期業績は、売り上げが8月予想を100億円、経常利益が20億円、純利益が12億円それぞれ上回り、純利益は42億円(前期比54%増)と前期の過去最高を大幅に更新する。貴金属関連事業で貴金属価格が想定よりも高水準で推移し、主要対象業界の半導体、電子部品業界の好調な生産を背景に貴金属リサイクル原料回収量が増加、化成品などの製品販売量も拡大したことが再上方修正につながった。株価は、PER12倍台と割安となり、8月の前回業績修正時も170円幅の急伸となっただけに、再現が有望となる。

記事中の会社を詳しく見る

松田産 (7456)

ページトップ