きょうの動意株

テスコはTOB価格にサヤ寄せし買い気配切り上げる

 テスコ(4226・JQ)は、寄り付き買い気配を切り上げ10円高の465円買い気配と3日続伸となっている。売り物はなく6万株の買い物のみ集まっている。前日に乃村工藝社(9716)が、同社を株式公開買い付け(TOB)により連結子会社化すると発表、同社も賛同を表明したことから、TOB価格480円にサヤ寄せする動きとなっている。同社は、もともとすかいらーくグループの外食チェーンの店舗建設・メンテナンス会社だったが、昨年10月に乃村工がすかいらーくの保有株を譲り受け、33.1%の株式を所有する持分法適用会社となっていた。今回のTOBは、両社の関係を一層緊密化し事業戦略を共有化することで事業領域の拡大、品質・コスト競争力の強化を進め企業価値工場が図れるとして実施される。11月9日から12月11日までの33日間をTOB期間に230万株を総額11億400万円で買い付け、TOB終了後の所有比率は50.77%となり上場は維持される。なお乃村工の株価も、17円高の612円と4日ぶりに反発している。

ページトップ