きょうの動意株

ISSは親会社のTOBがMM銘柄人気を刺激し急続伸

 インターネット セキュリティ システムズ(ISS、4297・JQ監理)は、2万円高の23万8000円と急続伸しジャスダック市場の値上がり率ランキングの第6位にランクインしている。前日に親会社の100%子会社のアイエスエス インベストメント ホールディング インク(米国ジョージア州)が、同社を株式公開買い付け(TOB)により完全子会社化すると発表、同社も賛同を表明したことからTOB価格24万円にサヤ寄せしマーケットメーク(MM)銘柄人気が高まっている。同社の親会社インターネット・セキュリティ・システムズ・インクは、IBMによる買収手続きが10月20日に正式に完了し、IBMの完全子会社となった。これに伴い同社も、IBMグループ内でネットセキュリティ関連の製品、サービスを展開することになり、親会社がTOBを実施する。TOBは、11月10日から12月19日までの40日間を買い付け期間に2万8990株を買い付け、TOB終了後の親会社グループ所有比率は既保有株を含め100%となり、同社は所定の手続きを経て上場廃止となる。同社は、すでにIBMの親会社買収に対応し今年9月から自己株式取得を進め、株価も4万円強の値上がりとなっていた。買い付け終了までTOB価格に貼り付くことになる。

ページトップ