きょうの動意株

太平洋セメは3月通期業績増額も利益確定売りで反落

5233 太平洋セメント 株価チャート

 太平洋セメント(5233)は、寄り付きに10円高の496円と続伸したあと8円安と反落し安値もみ合いとなっている。14日に発表した2006年9月中間期業績が10月20日の上方修正値を上ぶれて着地し、3月通期業績も上方修正したことから割安訂正期待買いが集まったが、上値が重いことを嫌い今度は利益確定売りが先行している。同社の中間期業績は、10月修正値を上回り前年同期比6%増収、44%経常増益と伸び、純利益は約14億円アップの79億1700万円の黒字(前年同期は128億8300万円の赤字)となった。セメントは、国内2.4%減、輸出1.5%増となり、国内セメント価格が燃料コスト高騰に伴う販売価格への転嫁や低採算価格の是正に取り組み上向きに推移、輸出価格も国際市況が上昇、北米でセメント価格の引き上げが進んだことが寄与した。今3月通期業績は、売り上げが期初予想を150億円、経常利益が60億円、純利益が50億円それぞれ引き上げ、純利益は280億円(前期比3.0倍)と16期ぶりの過去最高更新の更新幅を拡大する。株価は、前回の業績修正時に窓を開けて1割強の急伸となっており、利益確定売りをこなしながら信用好取組もフォローしPER16倍台の割安修正を続けよう。

記事中の会社を詳しく見る

太平洋セメ (5233)

ページトップ