きょうの動意株

HC上場のアイレップは買い気配を切り上げる

 アイレップ(2132・HC)が、大証ヘラクレスに新規上場された。公開価格は40万円、公開株式数は3500株となっている。寄り付きから買い気配を切り上げ9時50分現在、公開価格を10万円上回る50万円買い気配で売り買い差し引き1780株の買い物超となっている。IPO(新規株式公開)市場は、相次ぐ大型上場で需給悪化懸念が強まり、11月はこれまで上場の6銘柄のうち4銘柄が公開価格割れの初値形成となるなど不振を極めているが、同社のネット関連の業態に加え、資金吸収額が14億円と比較的小規模にとどまることなどが買い評価につながっている。同社はインターネット関連の広告代理店業で、検索エンジンであらかじめ指定されたキーワードに合致したときのみ広告を表示するリスティング広告を主力としており、このほか検索エンジン最適化サービス、さらに有料老人ホームのマーケティング支援サービスも展開している。今2007年9月期業績は、売り上げ72億4200万円(前期比43%増)、経常利益3億7400万円(同15%増)、純利益2億1600万円(同10%増)、1株利益8816.3円を予想している。

ページトップ