きょうの動意株

河合楽は業績増額、復配評価の低位割安株買いから続伸

7952 河合楽器製作所 株価チャート

 河合楽器製作所(7592)は、10円高の254円と続伸としている。11月9日には今期業績の上方修正、17日には5期ぶりの復配を発表して以来、低位割安株買いが続いているもので、配当利回りが復配前提で1.9%となることも下値買いを誘っている。同社の中間期業績は、前年同期比3%減収、22%経常減益、49%純益減益で着地した。環境清掃関係事業の営業譲渡と情報関連事業、楽器事業の売り上げ減で減収となり、新型アップライトピアノ拡販があったが、楽器生産再編の費用増、為替差益減少などから減益となった。3月通期業績も上方修正通り売り上げ664億円(前期比0.5%減)、経常利益24億4000万円(同7%減)、純利益20億7000万円(同37%減)の減収減益を見込んでいるが、2005年3月期から3カ年計画で推進している中期計画の目標値を上回る。このため5期ぶりに5円の復配を実施する。株価は、PER10倍台、配当利回りでも割り負けており、やや過大な信用買い残をこなしながらジリ高推移となりそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

河合楽 (7952)

ページトップ