きょうの動意株

クミアイ化は3回目の業績修正が極低位株思惑を誘発し反発

4996 クミアイ化学工業 株価チャート

 クミアイ化学(4996)は、5円高の241円と反発し11月28日につけた年初来安値222円から出直る動きを続けている。前日に2006年10月期業績の3回目の修正を発表、通期経常利益が増益率を拡大、純利益は減益率をわずかに縮小することが極低位値ごろ思惑買いを誘っている。同社の10月期業績は、今年6月に中間期業績を上方修正したあと9月には通期業績の売り上げと純利益を下方修正、経常利益を上方修正した。主力の水稲除草剤が続伸し園芸剤が伸び悩んだことから売り上げが減額、販管費や製造原価低減で経常利益が上ぶれ、純利益は減損損失2億4000万円や清水工場休止損失3億円が重なり期初予想の2億5000万円からゼロに引き下げられた。今回は、この修正値のうち売り上げはさらに2億円減額したが、経常利益は8000万円、純利益は4000万円それぞれ増額し、純利益は4000万円(前々期比91%減)とした。9月時点で純利益を保守的に見積もっており、持分法投資損益が改善したことが要因となった。株価は、6月修正時は好感高、9月に売り先行とマチマチの動きとなったが、PBR0.5倍の極低位株価を再び買い上げる動きが続きそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

クミアイ化 (4996)

ページトップ