きょうの動意株

秀英は下ぶれ減益業績織り込み下げ過ぎ訂正期待で反発

4678 秀英予備校 株価チャート

 秀英予備校(4678)は、14円高の1675円と小幅ながら5営業日ぶりに反発している。11月13日に発表した2006年9月中間期業績が期初予想通り減益で着地、3月通期業績も下ブぶれ修正して年初来安値1532円まで突っ込んでいたが、13週移動平均線から5%弱のマイナスかい離となりPERも8倍台、PBRも0.8倍と下げ過ぎ示唆となっていることから下げた銘柄ほど反発するリターン・リバースを期待する打診買いが入っている。同社の中間期業績は、生徒の囲い込みを進めたが既存校の夏期講習の募集がやや不調だったことや新設校の校舎備品購入、宣伝広告費などの先行費用も重なり、前年同期比4%増収、16%経常減益、27%純益減益となった。3月通期業績も売り上げ139億1300万円(前期比4%増)、経常利益22億3000万円(同16%減)、純利益13億2100万円(同16%減)の増収減益を見込み、期初予想を小幅下ぶれる。ただ、この悪業績は、年初の3000円台の高値から半値評価となるなかですでに織り込み済みとなっており、下げ過ぎのコンセンサスも形成されつつある。逆張り妙味も拡大しそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

秀英予備校 (4678)

ページトップ