きょうの動意株

日立物流は資生堂の物流子会社株式取得をテコに続伸に弾み

9086 日立物流 株価チャート

 日立物流(9086)は、22円高の1260円と5日続伸となっている。前日に資生堂(4911)の物流子会社・資生堂物流サービス(川崎市川崎区)の株式90%を取得するとともに、同社の物流業務を一括受注することを発表、日立グループ外では最大の受注規模となることが業容拡大材料として好感買いされている。今回の株式取得は、資生堂が自ら保有していた物流関連の固定資産と子会社に業務委託していた物流業務を物流品質・サービスの向上と効率化のためにアウトソーシングすることの一環で、子会社株式は日立物流に、土地・建物はプロロジス(東京都港区)、日立キャピタル(同)に譲渡する。株式取得は、約28億円で来年4月1日までに完了、資生堂の化粧品事業の国内物流業務を一括受託するが、当面は現行の運営体制を続けつつ、今後は物流合理化により物流費の低減を図る。同子会社は、2006年3月期に売り上げ183億2100万円、経常利益8億5800万円、純利益5億400万円の実績を上げており、同社業績への上乗せ効果が期待される。株価は、6月の年初来安値970円から2ケタ増益の好業績や増配評価で大きく出直り1200円台固めとなっていた。薄めながら株不足となる信用好需給もフォローして上値余地を拡大しよう。

記事中の会社を詳しく見る

日立物流 (9086)

ページトップ