きょうの動意株

日本管財は不動産ファンド組成を材料に19日続伸

9728 日本管財 株価チャート

 日本管財(9728)は、45円高の2860円と11月20日以来変わらずを挟み19営業日続伸となっている。前日に発表した不動産ファンドの組成と物件運用に関するアセットマネジメントサービスの提供が、不動産流動化関連人気を再燃させている。不動産ファンドは、オーストラリアのガリレオ・ジャパン・ファンド・マネジメント社との共同事業として推進され、同社が持つ広範囲な国内ネットワークや不動産サービスのノウハウと、すでに米国の商業施設約2500億円を組み入れているファンドをオーストラリア証券取引所に上場しているガリレオ社のグローバルなネットワークを融合して取り組む。同社とセキュアード・キャピタル・ジャパンが、物件運用のアセットマネジメントサービスを提供するほか、同社がそれ以外にスキーム全体のアドバイス業務行う。同ファンドは、当初総資産約600億円規模の総資産を元にした信託をオーストラリア証券取引所に上場するが、そのあともオフィスビル、小規模商業施設、倉庫などの収益不動産を組み入れ資産規模を拡大する。株価は、業績伸び悩みや談合事件による元社員・役員の逮捕などが響き年初来安値水準を固める動きを続けてきた。T・ZONE思惑も重なり押し上げ効果を発揮しよう。

記事中の会社を詳しく見る

日本管財 (9728)

ページトップ