きょうの動意株

ヤフーは無線LANサービス開始を手掛かりに反発

4689 ヤフー 株価チャート

 ヤフー(4689)は前場、1200円高の5万200円と反発した。19日に発表した新しい公衆無線LAN(構内情報通信網)サービスの開始が反発材料となった。全国3500の駅や店舗などでインターネット接続を可能とする新サービスで今後、地域密着型の広告配信、広告収入増などにつながるとして買い評価された。同サービスは、ソフトバンクテレコムの無線インターネット接続ポイント「BBモバイルポイント」を使用、利用するために会員になる必要があるが、「Yahoo!プレミアム会員」は月額210円の料金で外出先でのインターネットがつなぎ放題となり、一般会員は来年6月から月額525円で利用可能とする。今後は「Yahoo!クーポン」や「Yahoo!グルメ」などの地域と密着した「Yahoo!JAPAN」の各サービスと連携し、無線LANを活用した新サービスを展開していく。なお同社は、サービス開始を記念してこの日から来年5月31日までプレミアム会員限定の無料キャンペーンを実施する。株価は、10月の中間期業績の大幅増益、ソフトバンクモバイルの新料金発表などを材料にストップ高したあと底打ち反転様相を強めている。個人投資家主導の株高賛成相場が続きそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

ヤフー (4689)

ページトップ