きょうの動意株

USENは1Q業績の大幅黒字転換をテコに買い気配

 USEN(4842・HC)は、寄り付き買い気配で始まり20円高の1305円買い気配と続伸している。20日に発表した今8月期第1四半期(1Q)決算が、大幅黒字転換したことが買い評価されている。同社の3Q業績は、売り上げが前年同期比で2.1倍と大きく伸び、経常利益は18億4700万円(前年同期は7億800万円の赤字)、純利益は12億2100万円(同25億3800万円の赤字)と黒字転換した。前々期に子会社化したGAGA、前期に連結子会社化したアルメックスを株式交換により完全子会社化するなど、グループ間の連携を強化したことが業績好転要因となった。人材サービスのインテリジェンス(4757・JQ)や自動精算機販売のアルメックスが売り上げを押し上げ、無料パソコンテレビ「Gyao」の好調推移、赤字縮小、映画配給のGAGAの伸びなどが黒字転換に寄与した。今8月通期業績は、期初予想を据え置いたが、1Q業績の通期業績に対する進捗率は、売り上げが30%、経常利益が26%、純利益が40%に達している。株価は、ライブドアやGAGAなどのグループ化負担を嫌い年初高値から大きく調整していたが、米映画大手メトロ・ゴールデン・メイヤー(MGM)との映画配信提携をテコに、8月の801円安値から引き戻している。追撃材料として押し上げ効果を発揮しよう。

ページトップ