きょうの動意株

イオンモールは業績上方修正をバネに高値を窺う

8905 イオンモール 株価チャート

 イオンモール(8905)は、50円高の6600円と3日続伸し10月5日につけた年初来高値6660円を窺っている。前日に今2月期第3四半期(3Q)決算の開示に合わせて、今期通期業績の上方修正を発表、消費関連人気を高めている。同社の通期業績は、売り上げが期初予想を7億円、経常利益、純利益が各5億円上回り、純利益は120億円(前期比15%増)と前期の過去最高を大きく更新する。3Q業績が、SC事業で4月の千葉県、10月の群馬県、11月の兵庫県と相次いで新規SCが開業し24SC体制となり高稼働が続いているほか、保険代理店事業も好調に推移、2ケタ増収増益と大きく伸びたことを踏まえて上方修正した。株価は、熊本市によるSC出店不許可、審査やり直しを嫌った安値から8月中間期業績の上ぶれ着地、同じイオン系のダイヤモンドシティとの経営統合思惑、さらに薄めながら売り買い拮抗する信用好需給などを手掛かりに大出直りとなっている。ここ2年間は、年末の好材料発表から新年にかけて人気を高める相場パターンを繰り返しており、今年もこの再現となりそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

イオンモル (8905)

ページトップ