きょうの動意株

インフォクリエは2ケタ増益業績を見直してMM人気加速し続伸

4769 インフォメーションクリエーティブ 株価チャート

 インフォメーションクリエーティブ(4769・JQ)は、25円高の710円と変わらずを挟み3営業日続伸し、ジャスダック市場の値上がり率ランキングのベスト20位入りをしている。前2006年9月期業績が、期中の下方修正値を上回り増益転換して着地、年間配当を増配するとともに、今期も続伸を見込んだことからマーケットメーク(MM)銘柄人気が下値で根強く続いている。同社の前期業績は、中間期決算発表時に中間期業績を上方修正したものの、通期業績は本社移転費用負担を理由に増益予想を減益に下方修正した。決算実績でも、特別損失として移転費用、売却予定の厚生施設の減損処理、投資有価証券評価損などで1億7200万円を計上したが、ソフトウェア開発、システム運用、ネットワークソリューションの各事業セグメントが順調に推移し、純利益は1億7000万円(前期比2%増)と上ぶれ着地となった。配当も、期初予想・前期実績の16円から18円に増配した。今9月期も、2ケタ増益の続伸を見込んでおり、純利益は2億1900万円(前期比28%増)と特別損失一巡から大幅増益となる。株価は、PER12倍台、配当利回り2.5%と割安水準放置となっており、年末年始相場で動意習性のあるMM株人気が加速されそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

インフォC (4769)

ページトップ