きょうの動意株

トヨタは連日の最高値、自己株式取得がさらに思惑

7203 トヨタ自動車 株価チャート

 トヨタ自動車(7203)は、80円高の8000円と変わらずを挟み3日続伸し連日の上場来高値更新となっている。世界トップメーカーへの躍進、世界的な業界再編思惑などで新日鉄と並んで年末相場を強力牽引しているものだが、この株高で最もメリットを受ける意外な当事者がいるとする観測が専らとなっている。同社株を仕込んだ個人投資家でも、同社系列証券が組成したトヨタ関連ファンドでもなく、同社自身だと指摘するのである。要因は、同社の自己株式取得にある。同社は、今期も6月の定時株主総会で上限を3000万株、2000億円とする自己株式取得を決議、11月に決議に従って1500億円、2000万株を上限として市場買い付けした。自己株式取得は、増配と並んで有力な株主還元策となり、2006年も実施企業が相次いだが、同社は今期年間配当を110円に連続増配するだけに株主にとってはダブルメリットとなり、同社株式の含み益も拡大する。株式交換方式による経営統合では大きなエンジンともなり、年末にフォードとトップ会談を行うなど自動車業界の世界的な枠組み変化が予想されるなか、さらに株高思惑を誘う展開も有力となる。

記事中の会社を詳しく見る

トヨタ (7203)

ページトップ