きょうの動意株

任天堂は一時高値更新、ゲーム機もゲームソフトも高人気調査結果

7974 任天堂 株価チャート

 任天堂(7974)は一時、250円高の3万1150円と3営業日続伸し12月27日につけた昨年来高値3万1000円を更新したが、高値後は利益確定売りに押され300円安と反落している。同社のゲーム機、ゲームソフトの高人気を裏付ける調査結果が相次いだことが上値買いを増幅している。調査結果の第1は、インターネット調査会社のマクロミルが、家庭用ゲーム機所有者を対象に実施した次世代ゲーム機購入アンケート調査で、任天堂の「Wii」を購入したいと答えた回答者は37%(購入済み・予約済み5%を含む)に達し、次世代ゲーム機3種の中ではトップとなった。ソニー・コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション3(PS3)」は24%(同2%)、米マイクロソフトの「Xbox360」は購入意向が5%となった。また、ゲーム専門誌のエンターブレインの調査では、昨年年間のゲームソフト販売本数で上位10本中8本が同社ソフトにより占められ、シェアは約42%に達したとされた。株価は、昨年の年間上昇率ランキングで第3位にランクされる高変化波動となったが、新型ゲーム機販売競争の帰趨次第でなお上値を伸ばす展開が有力となる。

記事中の会社を詳しく見る

任天堂 (7974)

ページトップ