きょうの動意株

ケルは連続最高純益、増配を買い直し高値を窺う

6919 ケル 株価チャート

 ケル(6919・JQ)は、20円高の850円と変わらずを挟み3営業日ぶりに反発し12月20日につけた昨年来高値880円を窺っている。今期2回も上方修正された好業績や中間配当実施、年間配当の増配が押し上げ効果を発揮しており、なお割安修正余地を残している。同社の今3月期業績は7月、10月と相次いで上方修正され、売り上げは86億300万円(前期比12%増)、経常利益は9億円(同57%増)、純利益は4億6400万円(同42%増)が予想されている。コネクタメーカーとして、小型化・高機能化する電子応用機器向けに狭小化・高速伝送化する小型コネクタの開発を進め、生産効率化、コスト削減、遊休資産の処分などが重なり連続の過去最高純益更新となる。配当は、期初予想・前期実績の期末15円を中間期に7円を実施する一方、期末も13円とし年間20円に増配する。株価は、中段もみ合いから上値を伸ばしているが、PERは14倍台、PBRは0.7倍、配当利回りは2.3%と割安である。2004年5月以来の1000円大台での活躍も、十分に想定範囲内となる。

記事中の会社を詳しく見る

ケル (6919)

ページトップ