きょうの動意株

フォスタ電はアップルの好決算、株価上昇に連動し反発

6794 フォスター電機 株価チャート

 フォスター電機(6794)は、16円高の1396円と3日ぶりに反発している。前日の米国市場の時間外取引で、アップルの10-12月決算が、携帯音楽プレーヤー「iPod」出荷の50%増などにより市場予想を上回ったことを材料に、株価が上昇転換したことを連想、打診買いが入っている。同社株は、昨年10月の2006年9月中間期業績の下方修正を嫌い1255円安値まで突っ込んだが、「iPod」のほか、複合携帯電話「iフォン」の発売、ベトナムのWTO(世界貿易機関)正式加盟など関連する好材料が相次いで表面化しておりリバウンド期待も高まっている。同社は、iPod向けにヘッドホンを納入、この世界的なデジタル家電向けの電子機器、電子部品の需要拡大で業績は過去最高を更新している。ただ中間期業績は、商品全般の売価下落や一部商品の受注・売り上げの下期ずれ込み、増産投資などの先行費用負担などを理由に下方修正された。通期業績は、期初予想を踏襲、純利益は31億円(前期比9%増)と連続過去最高を見込んでおり、第3四半期決算での達成度が注目される。1月11日にWTOに加盟したベトナムで、昨年9月に同社製造子会社がヘッドホンの生産を開始したことを合わせPER10倍台の割安株価修正をプッシュしよう。

記事中の会社を詳しく見る

フォスタ電 (6794)

ページトップ