きょうの動意株

プライムは黒字拡大の業績増額のサプライズでストップ高気配

 プライム(2684・JQ)は、寄り付きから買い気配を切り上げ4000円高の4万2600円買い気配のストップ高と急反発している。売り物はなく3868株の買い物のみ集まっている。同社の業績は前期以来、下方修正の連続で赤字・無配転落となっていたが、前日に発表した2006年12月中間期・6月通期業績の上方修正がサプライズ材料となり割安株買いを呼び込んでいる。上方修正のうち通期業績は、売り上げが期初予想を5億円下回るが、経常利益と純利益はともに2億8000万円上回り、純利益は3億7000万円(前期は14億5800万円の赤字)と黒字転換幅を拡大する。TVショッピングの企画・販売会社として、美容・健康・フィットネス関連を中心に商品開発を進め、オリジナル商品化により売上総利益率をアップさせ、効率的なメディアコントロールと媒体費を重点とする経費の節減、円安によるクーポン・スワップ(包括的為替予約)の評価益2億2300万円などが加わり上方修正となった。株価は、業績悪で昨年7月に上場来安値3万2500円まで売られ底値固めを続けてきた。PERは5倍台と超割安となるだけにリバウンド余地を拡大しよう。

ページトップ