きょうの動意株

マックスは業績上方修正、期末増配も利益確定売りで小反落

6454 マックス 株価チャート

 マックス(6454)は、寄り付きの15円高から7円安の1808円と売られ7営業日ぶりに小反落している。前日に今3月期第3四半期(3Q)決算の開示に合わせて、今期通期業績の上方修正と期末配当の増配を発表したが、上値の伸びが鈍いことからこのところの連騰で昨年5月の昨年来高値1858円に肉薄していただけに利益確定売りが先行している。同社の3Q業績は、前年同期比10%増収、31%経常増益、31%純益増益と増益率を伸ばした。オフィス機器部門では、国内で食品表示規制強化に伴いラベルプリンタやビーポップの消耗品が伸び、インダストリアル機器部門でも国内住宅建設向けに高圧釘打機、高圧エアインパクトドライバ、欧米市場向けフレーミングガスネイラ、コンクリートガスネイラなどの需要が拡大、2ケタ増収益となった。この3Q実績を踏まえ、通期業績は売り上げを期初予想より10億円、経常利益を3億円、純利益を1億円それぞれ上方修正し、純利益は43億円(前期比20%増)と11年ぶりに過去最高を更新する。期末配当は、配当性向40%、純資産配当率2.5%クリアのため34円(前期実績31円)に増配する。1800円台固めから信用好需給もフォローし高値抜けへ進もう。

記事中の会社を詳しく見る

マックス (6454)

ページトップ