きょうの動意株

宇徳運は2回目の業績増額が低位割安株買いを触発し急続伸

9358 宇徳 株価チャート

 宇徳運輸(9358)は、33円高の457円と変わらずを含み3日続伸し昨年8月の戻り高値435円を上抜いている。東証1部値上がり率ランキングの第2位にランクインしている。前日に今3月期第3四半期(3Q)決算とともに今期通期業績の2回目の上方修正を発表、低位値ごろの割安株買いを触発している。同社の今期業績は、昨年11月に中間期業績を上方修正、その中間期決算発表時には通期純利益を増額修正しており、今回その修正値をさらにアップさせた。売り上げは11月予想を10億円、経常利益は5億円、純利益は3億円上回るもので、純利益は19億円(前期比65%増)と増益率を伸ばす。港湾運送で車両・建機の取り扱い増が続き、プラント事業でも内外で進行中の工事案件が順調に推移し、保有機材を効率的に運用したことなどが上方修正要因となった。株価は、親会社の商船三井株式の売却益発生、業績上方修正で上値を試す場面もあったが、昨年央以来は300円台央を固める動きに終始した。PERは業績再増額でわずか6倍台となるだけに、上値を伸ばす展開が高まろう。

記事中の会社を詳しく見る

宇徳 (9358)

ページトップ