きょうの動意株

日製鋼は2回目の業績上方修正と増配が重なり高値更新

5631 日本製鋼所 株価チャート

 日本製鋼所(5631)は、25円高の1034円と続伸し1月29日につけた昨年来高値1030円を更新している。前日に今3月期第3四半期(3Q)決算の開示とともに、今期通期業績の再上方修正、期末配当の2回目の増配を発表、鉄鋼関連人気を拡大している。同社の今期業績は、昨年8月に中間期業績、11月に通期業績を相次いで修正したが、その11月修正値を再増額した。売り上げは70億円、経常利益は17億円、純利益は5億円それぞれカサ上げされ、純利益は115億円(前期比74%増)と増益率を伸ばす。中国などの電力需要拡大で火力・原子力発電プラント用部材や天然ガス田パイプライン用クラッド鋼管などエネルギー関連部材が続伸し、樹脂機械の需要も旺盛に推移、生産量拡大、生産性向上に原材料価格高騰を反映した製品価格是正も加わり再上方修正となった。期末配当は、11月に5円を6円に引き上げているが、さらに創業100周年の記念配当3円を上乗せ、年間9円(前期実績5円)に増配する。株価は、PER32倍台と割高だが、全員参加型の大相場となっており、さらにスケールを拡大しそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

日製鋼 (5631)

ページトップ