きょうの動意株

サカイオーべは3回目の業績増額が低位値ごろ妙味拡大し続伸

3408 サカイオーベックス 株価チャート

 サカイオーベックス(3408)は、12円高の211円と変わらずを挟み3日続伸となっている。前日に今3月期第3四半期(3Q)の決算開示に合わせて、今期通期業績の3回目の上方修正を発表、前回修正時の値上がり率トップを演じた急騰を連想して低位値ごろ株買いが拡大している。同社の3Q業績は、前年同期比2%増収、26%経常増益、15%純益増益で着地するとともに、昨年12月に再修正された通期業績に対して経常利益、純利益はすでに100%以上をクリアした。主力の染色加工事業で自動車関連用途やスポーツ用途の高付加価値商品の品種転換を進め、電子機器関連事業も自動車関連を中心に堅調に推移したことが寄与した。この3Q業績を踏まえて通期業績を再々増額、売り上げは前回修正を据え置いたが、経常利益は1億7000万円、純利益は1億2000万円引き上げ、純利益は8億円(前期比37%増)と増益率を拡大する。株価は、前回の業績増額で再び200円台へ突っ掛け200円台固め継続となっている。PER評価は17倍台と割安で信用取組は売り買い拮抗して厚みを増しており、一段の低位値ごろ株人気拡大をフォローしよう。

記事中の会社を詳しく見る

サカイオベ (3408)

ページトップ