きょうの動意株

古河電は3Q純利益が通期予想を13%上回り急続伸

5801 古河電気工業 株価チャート

 古河電気工業(5801)は、42円高の815円と急続伸し東証1部値上がり率順位のトップ20にランクインしている。前週末9日に発表した今3月期第3四半期(3Q)業績が2ケタ増収増益で着地するとともに、昨年11月に上方修正された今期通期予想業績に対して純利益がすでに100%以上をクリアしたことが買い材料視されている。同社の3Q業績は、前年同期比30%増収、64%営業増益、11%経常増益、36%純益増益で着地した。銅地金高騰の影響などで売り上げが大きく伸びて情報通信部門などの営業利益を押し上げ、経常利益は為替差益が減少したため増益率が縮小したものの、純利益は上期計上の品川の土地売却益98億9900万円が引き続き寄与して大幅増益となった。同社の今期通期業績は、昨年11月に上方修正され期初予想の減益率を縮小しているが、3Q実績はこの修正値に対して経常利益は90%、純利益は113%の高進捗率となっており、期末にかけて再上方修正・増益転換期待も高まってくる。株価は、今期業績の減益予想が尾を引き700円台固めを続けてきた。投資採算的には割安感はないが、テクニカル的に25日移動平均線からの2%強のマイナスかい離訂正が続きそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

古河電工 (5801)

ページトップ