きょうの動意株

リゾートトラストは業績増額と株式分割が相乗し3連騰

4681 リゾートトラスト 株価チャート

 リゾートトラスト(4681)は、170円高の3450円と変わらずを挟み3営業日続伸となっている。前日の今3月期第3四半期(3Q)決算の開示に合わせて、今期通期業績の上方修正と株式分割を発表、好感して権利取りの買い物が増勢となっている。同社の3Q業績は、前年同期比16%増収、23%経常増益、43%純益増益で着地し、期初の通期予想業績に対し経常利益は12億円強、純利益は8億円弱上回った。昨年11月に開業した「エクシブ京都 八瀬離宮」の販売が好調に推移し、繰り延べられていた不動産部分の売り上げが計上されたことや、消費単価の改善、ニューコンセプトホテルの高稼働率などが寄与した。通期業績はこれに今年1月の「エクシブ箱根離宮」発売などが加わることから上方修正、売り上げは期初予想を8億5500万円、経常利益は12億円それぞれ引き上げ、純利益は据え置きの65億3000万円(前期比35%増)とした。株式分割は、3月31日割り当てで1株を1.2株に分割する。株価は、業績が減収減益ペースで推移してきたことから3000円大台を固める動きを続けてきた。PERは22倍台と市場平均並みだが、2005年に実施した株式分割時も早期に権利落ち埋めを示現しており、再現思惑を強めよう。

記事中の会社を詳しく見る

リゾートト (4681)

ページトップ