きょうの動意株

新興プランは高値更新、東証1部上場承認15銘柄は14勝1敗

6379 新興プランテック 株価チャート

 新興プランテック(6379・東2)は、寄り付きの買い気配から121円高の1345円と3日続伸し2月15日につけた昨年来高値1238円を一気に更新している。前日発表の3月1日付けの東証1部乗除承認と今3月期の業績と期末配当の再増額が相乗し株価押し上げ効果を発揮している。1部上場に際して公募増資・株式売り出しを伴わず、株価指数連動型ファンドの買い増しなど需給好転を期待し、また今期業績も昨年11月の上方修正値をさらに増額、純利益は32億円(前期比95%増)と連続過去最高更新となり、期末増配も前回増配の14円に上場記念配当2円を上乗せして16円配当に再増配、実態好転となる。前日に同社同様に1部上場が承認された銘柄は15銘柄にのぼる。具体的にはラサ商事(3023)、グリーンホスピタルサプライ(3360)、ダイオーズ(4653)、メック(4971)、荏原ユージンライト(4975)、大紀アルミニウム工業所(5702)、ペガサスミシン製造(6262)、河西工業(7256)、共立印刷(7838)、原信ナルスホールディングス(8255)、サカイ引越センター(9039)、サンリツ(9366)、東海運(9380)、福井コンピュータ(9790)で、荏原ユージが60円安の3690円と4営業日ぶりに反落(負け)した以外はすべて上昇(勝ち)しており、14勝1敗となっている。

記事中の会社を詳しく見る

新興プラン (6379)

ページトップ