きょうの動意株

三菱UFJは続伸、金利引き上げで利ざや拡大思惑継続

8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 株価チャート

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)は、3万円高の154万円と変わらずを含み4日続伸となっている。日銀・金融政策決定会合での政策金利の誘導目標引き上げ提案が伝えられた前日の後場早々から、利ざや拡大思惑が高まり下値買いが強まったが、金利引き上げの正式決定を受け、前日の同社ADR(預託証券)が東京市場終値に対して1万3088円高(円換算値)で引け、米国市場でもみずほフィナンシャルグループ(8411)とともに金利引き上げが買い材料視されたことからさらに上値買いを誘っている。傘下の三菱UFJ銀行も、前日に2月26日から普通預金金利を0.10%から0.2%へ引き上げるをことを発表、今後、住宅ローンなどの貸出金利の引き上げられ利ざや拡大につながる展開となる。寄り付き段階の全般相場は、インベント通過、不透明材料一巡でいきなり日経平均株価が2000年5月9日以来の1万8000円回復となっており、業種別騰落率でも銀行株は上昇率第3位にとなり、金利引き上げが業績、株価の圧迫要因と懸念される電力、ガス、陸運、空運の4業種のみがマイナスのスタートとなる対照的な値動きとなっている。

記事中の会社を詳しく見る

三菱UFJ (8306)

ページトップ