きょうの動意株

日新糖は固定資産売却で今期純益を大幅再々増額し3連騰

 日新製糖(2116・東2)は、21円高の368円と3日続伸し東証2部上昇率順位の第6位にランクインしている。前日に固定資産の売却益計上から今3月通期純利益の合計3回目の上方修正を発表、超低PER買いを増幅している。同社が売却する固定資産は、東京都江東区豊洲に保有する土地・建物(現況・貸借倉庫、簿価12億8500万円)で、東京建物不動産販売(3225・東2)に3月20日引き渡しで24億1000万円で譲渡する。このため売却益を約11億2500万円計上する一方、簿価は土地再評価により原取得価額を下回り税金費用が軽減されるため、通期純利益は大幅に再々上方修正された。同社は、これまで今期業績を昨年11月、今年1月と上方修正してきたが、今回は1月修正値の純利益23億円をさらに44億円(前期は31億7500万円の赤字)へ引き上げる。株価は、国内精糖市況上昇、バイオエタノール関連思惑に1月の業績再増額が加わり下値を切り上げているが、今回の大幅増額修正でPERはわずか3倍台と超割安となる。大幅水準訂正へ走ろう。

ページトップ