きょうの動意株

コマツは売り気配、米NYダウの416ドルの大幅安が直撃

6301 コマツ 株価チャート

 コマツ(6301)は、売り気配から始まり160円安の2615円売り気配と気配値を下げ続急落している。前日の米国市場で、NYダウが416ドル2セント安の1万2216ドル24セントと同時多発テロ当時の2001年9月17日以来の大幅下げとなり、ナスダック総合株価指数も96.66ポイント安の2407.86と3日続落したことが直撃し、売り先行となっている。NYダウ急続落は、同日の中国・上海総合株価指数が、金融引き締めの影響で8.8%急落したことを引き金にしており、27日の米国市場で中国関連株として同業態の建設機械株のキャタピラーが、2.43ドル(3.61%)安の64.83ドルと売られたことがとくに連想されている。前日の米国市場では、このほか経済指標で1月の耐久財受注が前月比7.8%減と市場予想の3.2%減を大きく下回って景気後退懸念が強まり、ドル売りから為替相場も、1ドル=117.90-118円ちょうどと大幅な円高に振れたことも追撃の悪材料となっている。中国発の世界同時株安が、NYダウの554ドル26セント安の急落を呼んだ1997年10月27日のアジア経済危機の再来となるか、懸念が強まっている。

記事中の会社を詳しく見る

コマツ (6301)

ページトップ