きょうの動意株

東邦システムは東証2部上場承認で割安株買い再燃し反発

4333 東邦システムサイエンス 株価チャート

 東邦システムサイエンス(4333・JQ)は、5円高の925円と5営業日ぶりに反発している。前日に東京証券取引所から3月12日付けで東証第2部への上場を承認され、上場に際して公募増資・株式売り出しを伴わないことから、素直に好業績を見直し割安株買いの再燃につながっている。同社の今3月期業績は、昨年10月、今年2月と2回上方修正されている。主力の受注ソフトウェア事業が好調に推移し、開発プロジェクトの工程管理を強化したことなどが要因となっており、今期業績は、売り上げ69億2000万円(前期比18%増)、経常利益7億8000万円(同13%増)、純利益4億5300万円(同22%増)と伸び、純利益は前期の過去最高を連続更新する。株価は、業績修正のたびに水準を上げてきたが、まだPERは12倍台と割安である。一段高へ進もう。

記事中の会社を詳しく見る

東邦シス (4333)

ページトップ