きょうの動意株

アルチザは2回目の業績上方修正をテコにストップ高まで買われる

6778 アルチザネットワークス 株価チャート

 アルチザネットワークス(6778・M)は、1万800円高の11万円ストップ高まで買われ変わらずを挟み6営業日ぶりに反発している。前日に昨年12月に続き今7月期業績の2回目の上方修正を発表、前回修正時の株価急伸を連想する買い物が増勢となっている。同社は、早々と昨年12月に今期業績の上方修正を発表しているが、その修正値をさらに増額した。売り上げは5000万円、経常利益は1億4000万円、純利益は3200万円それぞれアップ、純利益は1億8500万円(前期比4.3倍)と増益率を拡大する。昨年10月にスタートした携帯電話の番号継続制度に伴い通信各社の次世代機開発が積極化し、同社のモバイルネットワークテストが好調に推移、販管費なども計画を下回ったことが業績再増額につながった。株価は、前回修正時にストップ高を演じるなど急伸した。世界連鎖株安で続落した安値に思惑再燃となろう。

記事中の会社を詳しく見る

アルチザN (6778)

ページトップ