きょうの動意株

松井証は日興CGの上場廃止観測で日経225思惑増幅し続伸

8628 松井証券 株価チャート

 松井証券(8628)は、45円高の1152円と続伸している。この日付けの日本経済新聞で、日興コーディアルグループ(8603)が不正会計問題で9日にも東証上場を廃止されると伝えられたことから、日経平均株価の構成銘柄の入れ替えは必至として、同じ証券株ポストの同社への新規採用の下馬評が再び高まり、需給好転思惑再燃から買い優勢となっている。また日興CGの米金融大手のシティグループ入りで、業界再編観測が強まっていることも背景材料として注目されている。同社は、以前から三菱UFJフィナンシャル・グループとの提携の話し合いを続けていることを認めており、三菱UFJが系列のカブドットコム証券(8703)を株式公開買い付け(TOB)により連結子会社化し、世界屈指の総合金融グループの創造を目指すとしたことも再編思惑を拡大させている。同社は、手数料自由化に乗り、ネット証券のトップランナーとして証券業界に大きな地殻変動を起こしてきたが、ライバル証券の輩出や手数料引き下げ競争が一段と激化するなかで、今後の経営の方向性が焦点になっていた。株価は、業界再編思惑に外資系証券の投資判断引き上げなどを手掛かりに昨年11月の昨年来安770円から大きく出直っている。リバウンド継続となりそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

松井証 (8628)

ページトップ