きょうの動意株

マザーズ上場のゴルパは大量の買い物を集め買い気配アップ

 ゴルフパートナー(3074・M)が、東証マザーズに新規上場された。公開価格は5万5000円、公開株式数は売り出しがなく公募増資のみの4000株となっている。寄り付きの買い気配を切り上げ10時10分現在、公開価格を1万9600円上回る7万4600円買い気気配で1688株の売り物に対して、4914株と公開株式数を上回る買い物を集めている。世界連鎖株安は新興市場株に厳しく直撃、IPO(新規株式公開)市場からも資金後退が懸念されているが、同社の資金吸収額が2億円超と小型でゴルフ関連の独自のビジネスモデルと知名度の高さが買い評価されている。同社は、ゴルフ用品の販売店チェーンを展開、独自の共有在庫・価格査定システム「バーディーネット」により全店の在庫データを登録、中古・新品商品の適切な買取・販売価格を算出する。店舗数は直営店51店舗、加盟店166店舗の217店舗を展開、2006年3月からゴルフ練習場の運営も開始し、練習場に店舗を併設している。今2007年5月期業績は売り上げ100億1500万円(前期比16%増)、経常利益2億8300万円(同10%増)、純利益1億1800万円(前年同期は1000万円の黒字)、1株利益3114円を予想している。

ページトップ