きょうの動意株

日工営は減益率縮小の業績増額で低位値ごろ株買い高まり6連騰

1954 日本工営 株価チャート

 日本工営(1954)は、8円高の368円と6営業日続伸となっている。前日に発表した今3月期業績の上方修正が、低位値ごろ株買いを刺激している。同社の今期業績は、昨年10月に中間期業績を小幅下方修正したあと、中間期、第3四半期と赤字ペースで推移、株価も昨年1月の593円高値から284円安値まで半値以下の調整となった。今回は期初予想を上方修正、売り上げは据え置きとしたが、経常利益は2億円、純利益は3億5000万円それぞれアップさせ、純利益は12億円(前期比17%減)と減益率を縮小する。株価は、ここにきて出遅れ建設株の見直しムードにカタール政府向け排水整備事業のコンサルティング業務受注などが加わり底値反転となった。PERはなお割高だが、PBRは0.8倍と割り負けており、低位値ごろを手掛かりにリバウンド幅を拡大しよう。

記事中の会社を詳しく見る

日工営 (1954)

ページトップ