きょうの動意株

新規上場のコンテックは公開価格割れの2320円で初値

6639 コンテック 株価チャート

 コンテック(6639・東2)が、東証2部に新規上場された。公開価格は2400円、公開株式数は103万5000株となっている。寄り付きの売り気配から9時20分に公開価格を80円下回る2320円で初値をつけ、その後公開価格近辺でのもみ合いとなっている。2月28日上場のテラネッツ(2140・札ア)以来の公開価格割れである。10時15分現在の売買高は、約64万株となっている。今年のIPO(新規株式公開)は、初値形成、初値後のセカンダリーとも乱高下が激しく超高速回転売買中心となっており、この日の全般相場の急落が響き、公開価格がPER11倍台と割安なことも評価されず市場の事前観測を下回る初値形成となった。同社は、ダイフク(6383)の子会社で、エレクトロニクス技術を基盤として生産現場の自動化を実現する各種パソコン、周辺機器、ネットワーク機器を製造・販売している。また、これをベースに顧客システムをイージーオーダー形式で構築するソリューション・サービス事業とダイフクの物流システム用の制御機器を受託製造するEMS事業も手掛けている。今2007年3月期業績は、売り上げ226億9600万円(前期比15%増)、経常利益10億1200万円(同18%増)、純利益6億9400万円(同5%減)、1株利益210.4円を予想している。

記事中の会社を詳しく見る

コンテック (6639)

ページトップ