きょうの動意株

丸大食はディフェンシブ株人気に信用好需給オンし高値更新

2288 丸大食品 株価チャート

 丸大食品(2288)は前場、21円高の431円と急反発し今年3月1日につけた昨年来高値420円を更新した。全般相場が、高値警戒感を強め不透明化する相場環境下で、ディフェンシブ関連の低位値ごろが再注目されているもので、PBRの0.9倍に放置、信用取組が株不足となっている好需給も押し上げ効果を発揮している。同社は、食肉部門の低迷、ハム・ソーセージ需要の伸び悩み・競争激化に対応、抜本的リストラを進め、物流・海産物子会社の売却、全国約100カ所の営業拠点の1割統廃合などを繰り返してきた。このため業績は、前々期、前期と2期連続の赤字決算となった。今3月期業績は、このリストラ効果に加え、昨年7月には価格は据え置きながら内容量を減らす実質値上げを早めに実施したことも寄与し水面上に浮上してきた。まだ収益面からは株価浮揚力は微弱だが、PBR0.9倍からは食品業界で続いている再編の思惑も取り沙汰されそうだ。信用好需給もサポートし、一段の底上げが期待できそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

丸大食 (2288)

ページトップ