きょうの動意株

小野薬は業界再編思惑を信用好取組が側面支援し3連騰

4528 小野薬品工業 株価チャート

 小野薬品工業(4528)は一時、40円高の6840円と3日続伸し前日ザラ場につけた昨年来高値6870円に肉薄している。5月の三角合併解禁を前に薬品セクターに業界再編思惑が高まっており、同社のM&Aレシオ・ランキング上位にランクされる好財務内容と好収益率が見直されているもので、信用取組が株不足で逆日歩のつく好需給も思惑増幅効果を発揮している。5月の三角合併解禁は、米シティグループの日興コーディアルグループの株式公開買い付けなどから、海外巨大外資の対日進出拠点作りとして急進展すると予想され、薬品セクターはこの草刈り場になると憶測されている。同社は、M&A資金が何年で回収されるか計るM&Aレシオでは0.24年と計算されるなど、ランキング上位を占めこの最有力候補とも目されている。一方、信用需給は目下集計中の2007年3月期業績が、第3四半期(3Q)決算発表時に市場コンセンサスを下回って期初予想を据え置いたことと期末配当を増配したことで強弱感が対立し売り残が積み上がり逆日歩が継続している。決算発表に向け、3Q業績の高進捗率から減益率縮小の上ぶれ着地の可能性もあり、売り方の買い戻し主導の強調展開が続きそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

小野薬 (4528)

ページトップ