きょうの動意株

荏原ユージは3Q進捗率見直し業績上ぶれ着地期待から続伸

4975 JCU 株価チャート

 荏原ユージライト(4975)は、30円高の3310円と3日続伸し3月23日につけた東証1部指定替え後安値3130円から出直っている。5月9日発表予定の2007年3月期業績が、第3四半期決算発表時に高進捗率を示したことから上ぶれ着地期待を高めて割安株買いが続いているもので、東証株価指数(TOPIX)算出に算入された需給好転もフォローしている。同社は、2005年12月に東証2部に上場され、その後株式分割、増配、東証1部指定替え、記念増配と短期間で矢継ぎ早の株主優遇策を発動している。業績も上場以来、上方修正ペースで好調に推移している。国内外の自動車業界やプリント配線板などのエレクトロニクス業界向けに表面処理用薬品や同装置を納入しており、両業界のフル操業、設備投資拡大の恩恵を享受している。3月期業績は、昨年10月に中間期業績を上方修正し、通期業績は期初予想を据え置いたが、第3四半期業績はこの期初予想に対し経常利益で74%、純利益は固定資産の売却益寄与で90%の各進捗率となっており、上ぶれ着地から株価を刺激する展開も想定されている。PER10倍ソコソコの割安株価は上値余地を拡大する。

記事中の会社を詳しく見る

JCU (4975)

ページトップ