きょうの動意株

ケーヨーは連続最高純益に「団塊の世代」関連思惑がオンし続伸

8168 ケーヨー 株価チャート

 ケーヨー(8168)は、24円高の905円と5日続伸となっている。4月10日に発表した2007年2月期決算で、純利益が黒字転換、15期ぶり過去最高で着地、今期も続伸を見込んだことから割安株買いが続いており、「団塊の世代」の大量定年退職で特需拡大思惑が膨らむ同社のホームセンター業態も見直されている。同社の2月期業績は、前々期比1%減収、74%経常増益となり、純利益は前々期の固定資産の減損損失が一巡し黒字転換、34億800万円(前々期は132億4400万円の赤字)と15期ぶりに過去最高を更新した。続く今期も、販売拠点強化へ向け6店舗前後の新店出店などビルド&スクラップと既存店の全面改装を進め、純利益は税効果会計の一巡をカバーして35億円(前期比2%増)と小幅ながら連続過去最高更新となる。「団塊の世代」の大量定年退職では、ガーデニング用品などの需要拡大も予想され、業績と株価の上ぶれ要因になるとも期待されている。株価は、PER15倍台と底値から立ち上がった初動段階にあり上値評価が強まろう。

記事中の会社を詳しく見る

ケーヨー (8168)

ページトップ