きょうの動意株

ダイワ精が小幅反発、固定資産売却を買い材料視

7990 グローブライド 株価チャート

 ダイワ精工(7990)は、2円高の224円と小幅反発している。前日に固定資産の売却を発表、今2008年3月期純利益を大きく押し上げるとの観測が強まり、低位割安株買いを触発している。同社が売却した固定資産は、東京都目黒区に区分所有する目黒Gビル(簿価7億5200万円)で、平河町インベストメンツ特定目的会社(東京都渋谷区)に22億800万円で売却する。物件引き渡しは、今年5月21日の予定で、売却益約13億7900万円は今2008年3月期業績に計上されることになり、今期への影響額は5月22日予定の決算発表とともに公表するとしている。同社の株価は、昨年11月に8期ぶりの2円復配を発表したことから200円台下位の底値からようやく上値を窺った。前2007年3月期業績ベースでもPERは14倍台と値ごろ妙味が大きく、決算発表に向け一段の底上げ材料として評価が続きそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

グローブラ (7990)

ページトップ